アニバーサリーのことBlog

小学校で子供たちにデコレーションケーキの作り方を~アニバーサリーの取り組み~

小学校で子供たちにデコレーションケーキの作り方を~アニバーサリーの取り組み~

「東京都北区立袋小学校」とアニバーサリーとの取り組みで子供たちにデコレーションケーキの作り方を学び、さらに「デコレーションケーキの提案」を行う課外授業を行いました。

sekine01

今回お話を頂いたのは袋小学校の先生から!
前職はアニバーサリーとお取引があった営業さんという珍しい経歴。
畑が違う所からの転職という事で営業ならではの考えなどをお持ちの先生で、
子供たちにも自分で考えてそれを発表する、という自発的な行動や考えを学んでほしいという思いから実現いたしました。
働くという事はどういうことかなど社会のしくみをご説明、デコレーションケーキで使う苺はいくらなのか?売ったらいくらの利益が出るのか?など、
小学生には少し難しい内容かもしれませんが今回行ったことを自分たちで考える力を少しでも理解してもらえていれば嬉しいですね!
2016年11月某日
アニバーサリーのパティシエたちが子供たちへケーキ作りを教えるべく出張させて頂きました。職場体験のようなスタイルで体育館を貸し切り、グループに分かれて実際に作って頂きました!作るだけではなく、今回参加して頂いた子供たちがグループに分かれて来年の2月にデコレーションケーキをアニバーサリーにプレゼンテーションしてもらい、その中で優秀賞に輝いたケーキは青山店で実際に販売することが決まっています!

sekine02

 

その為にたくさんのケーキの情報を自分たちで集め、実際にケーキ屋さんに行ってインタビューしてみたり、クリスマスが近づくこの時期は色んなケーキが見れる大チャンス!
自分たちで収集した情報をグループでまとめて発表!と本格的な流れ。
プレゼンの日には弊社のパティシエ、さらには子供たちの親御さんたちも招き大勢の前で提案するという普段では学校生活では体験できない授業になっていきます。

アニバーサリーとしても普段できないことを体験させて頂き、パティシエとして働く意味の原点に戻れた気がします。
ケーキひとつでたくさんの人たちが笑顔になり、純粋にその笑顔を求めて日々の仕事に取り組まないといけない、と再認識させてもらった1日でした。
普段自分たちが当たり前にやっている作業が子供たちは興奮し喜んでくれる、パティシエとしてはとてもやりがいがある時間を経験させて頂きました。
何かを与えるつもりが、逆に与えてもらった、そんな1日でした。
アニバーサリーはこれからも一人でも多くのお客様の記念日に寄り添える会社でありたいと思います。
これからもアニバーサリーをどうぞ宜しく願お願いいたします。
そして子供たちが考えたケーキもお楽しみに!

Return Top